ノエル、英慈善コンサートで「実際には泣いてなかった」ものの、珍しく緊張していたと明かす

ノエル、英慈善コンサートで「実際には泣いてなかった」ものの、珍しく緊張していたと明かす

現地時間9月9日に開催されたチャリティー・コンサート「We Are Manchester」に出演したノエル・ギャラガーが涙を浮かべながら“Don’t Look Back In Anger”を演奏していたことが話題になったが、実際には泣いてなかったことを明かした。

「Radio X」のクリス・モイルズの番組に出演したノエルは「実際には泣いてなかったんだ」と告白し、以下のように続けている。

「ライブの前に自分の中で決めてたんだよ。感情的になりすぎるのは避けたかったからね。ああいう場だと簡単に雰囲気に流されてしまうし。観客が泣いているのを見たりすると特にね……。俺が泣いてたって記事をどこかで見たけど、残念ながら泣いてはいなかったんだ」


しかし珍しく緊張はしていたとのことで、以下のようにも話していたという。

「緊張したのは初めてだったよ。これまで一度も、ただの一度も緊張なんてしたことないからね。出番が10時半で遅かったっていうのもあるかもしれないし、“Don’t Look Back In Anger”のせいかもしれないし、あの曲が最近色々と取り上げられてるからかもしれないけど、みんなに意味のある時間を過ごしてほしかったんだよね。分かる?」

なお、ノエルが泣いていたとの噂を耳にしたリアム・ギャラガーは、ツイッターで批判の言葉を次々に投稿していた。

「ノエル・ギャラガーが涙を流したって? 勘弁してくれよ、本気じゃないってことぐらい分かるよな? 奴は(チャリティーなんて)気にもしてないんだから」

「騙されるんじゃないぜ、注目を集めるための茶番なんだから。もしこれが(マンチェスターじゃなくて)エディンバラだったら、咳払いぐらいで終わってるさ」

最新ブログ

フォローする