神木隆之介も「大変幸せ」。『茅ヶ崎物語』がハワイ国際映画祭でも上映

神木隆之介も「大変幸せ」。『茅ヶ崎物語』がハワイ国際映画祭でも上映
9月16日(土)から全国公開される『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』が「第37回ハワイ国際映画祭」のSpotlight on Japan部門にて正式上映が決定した。

ハワイ国際映画祭は、1981年に始まり、今年で37回目を迎える国際映画祭。毎年約150作品が上映され、昨年も『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)や『淵に立つ』(深田晃司監督)などの日本映画が出品された。

同映画は日本一のレコードコレクター宮治淳一と、アースダイバーであり、人類学者の中沢新一、音楽界の大御所、加山雄三を始めとする茅ヶ崎にゆかりのある人々を取材、様々な視点から茅ヶ崎の魅力とそこに住んでいる人々についての謎をひも解いていくストーリー。映画の後半部分には、桑田佳祐の親友である宮治淳一と桑田佳祐にとってこれまで明かされる事のなかった運命的な出来事が描かれるという。時を振り返った再現ドラマでは宮治を神木隆之介、桑田の学生時代を野村周平が演じる。


【神木隆之介 コメント】
茅ヶ崎とホノルルは姉妹都市と言うことで、そんなハワイの歴史ある映画祭で上映が決定したことは本当に光栄なことですし、そんな素敵な映画に携わることが出来て大変幸せです。
この『茅ヶ崎物語〜MY LITTLE HOMETOWN〜』という映画は、茅ヶ崎の歴史や、桑田佳祐さんが歩んで来た人生等、すべてがドキュメンタリーでもありファンタジーでもある、夢みたいな、本当の話です。ぜひ映画館でご覧頂ければ幸いです。



合わせて、桑田佳祐による主題歌“MY LITTLE HOMETOWN”が流れる新たな予告編が公開された。ナレーションは、本編で「裸弁天」役として登場する、女優の須藤理彩が担当している。


最新ブログ

フォローする