マイク・シノダ、チェスター追悼コンサートの開催はリック・ルービンに背中を押されたと明かす

マイク・シノダ、チェスター追悼コンサートの開催はリック・ルービンに背中を押されたと明かす

10月27日にチェスター・ベニントンの追悼コンサートを開催することを発表したリンキン・パークだが、マイク・シノダが米ラジオ局KROQの番組「The Kevin & Bean Show」に出演し、プロデューサーのリック・ルービンに追悼コンサートを開催するよう説得されたことを明かした。チェスターの死後、マイク・シノダが公の場に姿を表すのはこれが初めてとなる。

「Kerrang! Magazine」が報じたところによると、マイク・シノダは「The Kevin & Bean Show」の中で以下のように話していたという。

リック・ルービンに会いに行ったんだ。アドバイスをもらうためにね。そしたら、「君たちはSNSだったりを見てるから(追悼コンサートの開催が期待されていることは)知ってるだろうとは思うけど、ステージに立つのが必要だと思うよ」って言われたんだ。

(チェスターの死後)バンドのメンバー全員では公の場に出てもないし、もちろん演奏もしてない。ステージにも立ってない。だから、リック・ルービンには「ファンは君たちに会いたがってるよ。ただパフォーマンスを見たいからってだけじゃなくて、みんなにカタルシスを与えるためにやらなきゃいけないんだ。君たちの状況を伝えるためにもね」って説得されたよ。

それで、その言葉について考えたんだ。(チェスターの死後初めて)ステージに立つことに対して感じてる恐怖の度合いは、バンドのメンバーによって違うかもしれない。でも、僕たち全員がステージに立つことを望んでいるってことは確かなんだ。チェスターのためにも、正しいことなんだって感じたんだよ。


Linkin Park - One More Light

マイク・シノダはさらに、チェスターを失ったことについても以下のように語っていたようだ。

こういうことって……彼の葬儀の時にも思ったことなんだけど、彼が亡くなったっていうのは暗すぎる事実なんだ。でも、彼は常に暗闇を抱えてたにも関わらず、それを力に変えて、どんどん明るいものを生み出していった。チェスターが特別で唯一無二の存在だった理由はそこにあるんだって、みんなで話してたよ。


なお、チェスターの追悼コンサートは10月27日、ロサンゼルスのハリウッド・ボウルにて開催される。コンサートには多くのゲストが出演予定だという。

また、同コンサートでの収益はリンキン・パークが設立したチャリティ団体「Music For Relief」によるチェスター・ベニントン追悼の基金に全額寄付される。

最新ブログ

フォローする