レッドブルの音楽フェス、第2弾ラインナップで新たに50組以上を発表

  • レッドブルの音楽フェス、第2弾ラインナップで新たに50組以上を発表
  • レッドブルの音楽フェス、第2弾ラインナップで新たに50組以上を発表
  • レッドブルの音楽フェス、第2弾ラインナップで新たに50組以上を発表
  • レッドブルの音楽フェス、第2弾ラインナップで新たに50組以上を発表
2017年10月22日(日)〜11月17日(金)に都内各所で開催する音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017」の第2弾ラインナップが発表された。

東京について唄われた楽曲をテーマに、歌詞の朗読やトークショーを繰り広げる「言霊 - KOTODAMA」には大貫妙子LEO今井が登壇決定。タワレコ渋谷が1日限りのライブハウスに変貌する「音楽摩天楼 - ONGAKU MATENRO」には、Joy OppositesNOISEMAKERSurvive Said The Prophet、Michael Kaneko、HAIOKA、Aisha、FAKY、FEMM、RIRI、YANAKIKU、加治ひとみ、新しい学校のリーダーズ、東京女子流、夢みるアドレセンスなどが出演する。

また日本の歌をテーマにしたクラブナイト「歌謡浪漫 - KAYOU ROMAN」には、大沢伸一などのDJたちが日本語歌詞の音楽だけでスペシャルセットを披露する。リハーサルなし、一発勝負の即興セッション「ROUND ROBIN」にはASA-CHANG、starRo、TANCO、スガダイロー、灰野敬二、菊地成孔、江﨑文武、小林うてな、大竹重寿、波多野敦子、冨田ラボ、鈴木勲、蓮沼執太などが登場。渋谷のクラブ&バーを一晩で14店舗回遊できる「渋谷エンタメフェス」にはDJ EMMA、KO KIMURA、Q’Hey、Sunaga Tatsuo、DJ AKi、DJ DIRTYKRATES a.k.a. ZEEBRA、DARTHREIDER などのDJが集結する。

世界最先端のデジタルアートと電子音楽の祭典「MUTEK」の最終日は、Kenji WilliamsによるNASAの映像と世界中の音楽や踊りを組み合わせたマルチメディアのライブパフォーマンス「Bella Gaia」が披露される。その他、日本のkazuya Nagayaとカナダの電子音楽家Metametricのコラボレーションでは、古来の楽器おりんと現代の電子音楽を組み合わせたサウンドインスタレーション&ライブが行われる。

日本のテレビゲーム音楽の魅力に迫る「DIGGIN' IN THE CARTS」では、『ベア・ナックル』シリーズのサウンドの生みの親、古代祐三と川島基宏によるスペシャルユニットのライブが披露されるほか、『スーパーマリオランド』や『MOTHER2』の音楽で知られるChip Tanaka、チップチューンのHally、ゲームボーイ・トラックメイカーのQuarta 330、『LSD』を手がけたOsamu Sato も登場する。

さらに、スペシャルゲストとしてKen Ishiiによる90年代テクノセットや、『DIGGIN' IN THE CARTS』のコンピアルバムを全世界リリースするレーベル「Hyperdub」から主宰のKode9が来日し、STUDIO4℃の創設メンバーであり、コンピアルバムのアートワークを手掛けた森本晃司の作品とコラボレーションしたオーディオ・ヴィジュアルセットで登場する。

各公演のチケットは販売中。詳しくはオフィシャルサイトにて。

最新ブログ

フォローする