【速報】ストレイテナー年内最後のワンマンに観た、逞しく開放的なロックの風景

【速報】ストレイテナー年内最後のワンマンに観た、逞しく開放的なロックの風景
「BROKEN SCENE TOUR 2017 AW」も終盤、しかも2017年最後のワンマンライブ!ということで、ただでさえ歓喜のレッドゾーンに振り切れまくった新木場STUDIO COAST満場のオーディエンスを、ストレイテナーの4人はいとも伸びやかに、かつパワフルに高揚の頂へと導いていった。

アグレッシブなロックナンバーはもちろん、ミドルテンポの楽曲にもタフな訴求力を与えるテナーの「今」のモードが、観客ひとりひとりのエモーションを突き動かし、ワンマン=ホームならではの多幸感が刻一刻と高まる――という至上のサイクルを生み出していたこの日のアクト。
髪を切ったホリエをいじったところから次々に話題が転がるトークライブの如きMCも、アンコールで思わず「帰りがたい!」と感慨深げに声を漏らしたシンペイの表情も含め、終始晴れやかな開放感に満ちていて、観ているだけでこっちまで嬉しくなる。曲目含め詳しくはツアー終了後に改めてレポートに書きます。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする