全米音楽セールス、CD&アナログの売上げが6年ぶりにデジタル・ダウンロードを上回る

2017年の全米での音楽セールスにおいて、CDやアナログ盤といったフィジカルの売上げがデジタル・ダウンロードを上回ったことが明らかになった。フィジカル・セールスがダウンロードを上回ったのは2011年以来6年ぶりだという。

これはアメリカレコード協会(RIAA)が発表した統計で、昨年1年間の全米での音楽セールスの総計においてフィジカルは17%を占め、デジタル・ダウンロードの15%を上回った。なお、全体の65%はストリーミングが占めており、市況としてストリーミングの優位が依然圧倒的であることがわかった。

ちなみにフィジカルにおけるCDの売上げは2016年度より4%減っており、ダウンロードも25%もの下落となっている。その一方で、アナログ盤の売上げは前年度比10%増だった。

RIAAの詳細なレポートはこちら。

http://www.riaa.com/wp-content/uploads/2018/03/RIAA-Year-End-2017-News-and-Notes.pdf
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする