リンジー・バッキンガム、フリートウッド・マックを脱退。意見の不一致による「解雇」との報道も

リンジー・バッキンガム、フリートウッド・マックを脱退。意見の不一致による「解雇」との報道も

結成から50年以上を数えるフリートウッド・マックから、ギタリストのリンジー・バッキンガムが脱退したことが明らかになった。「Rolling Stone」では、「ツアーに関する意見の不一致」を理由に解雇されたと報じられている。

バンドは今秋にツアーの開催を予定しているが、リンジーの代わりにマイク・キャンベル(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)とニール・フィン(クラウデッド・ハウス)がツアーに参加する予定とのことだ。

「Variety」によると、バンドは今回のツアーにて、マイクとニールと共に「ファンの皆さんが愛するヒット・ソングの数々と、過去の楽曲アーカイブの中からファンへのサプライズ・パフォーマンス」を披露すると発表しているという。

なお、現時点ではリンジー・バッキンガムからの公式声明などは発表されていない。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする