三浦大知、20年の軌跡の結晶となった初の武道館公演2DAYSを映像化

三浦大知、20年の軌跡の結晶となった初の武道館公演2DAYSを映像化
三浦大知が、初の武道館2DAYS公演を映像作品として発売する。

この武道館公演は、2017年9月から12月まで行われた自身最大・最長の全国ツアー「DAICHI MIURA BEST HIT TOUR」(21会場26公演)の追加公演として、2018年2月14日、15日の2日間にわたって開催されたもの。

2月14日の初日公演は「ノンゲストDAY」、2月15日の2日目は「ゲストDAY」として、ライムスター宇多丸KREVA絢香、ダンサーの菅原小春、アクロバットプロパフォーマンスユニットのBLUE TOKYO、満島ひかりが登場した。

なお、映像作品は2月14日公演と2月15日公演をそれぞれ単独収録した形態での発売と、両公演がセットとなって特典映像も収録した形態での発売が実施される。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする