イギー・ポップがナレーターを務める映画『バンクシーを盗んだ男』、トレイラーとメイン・ビジュアルが公開に

イギー・ポップがナレーターを務める映画『バンクシーを盗んだ男』、トレイラーとメイン・ビジュアルが公開に - © MARCO PROSERPIO 2018© MARCO PROSERPIO 2018

イギー・ポップがナレーターを務めるドキュメンタリー映画『バンクシーを盗んだ男』のトレイラーとメイン・ビジュアルが公開された。

『バンクシーを盗んだ男』はバンクシーという人物、そして数千万円~1億円という高値で取引される彼のアートが紛争地域のみならず世界の人々にもたらす影響に追ったドキュメンタリー作品。


今回公開されたトレイラーは、バンクシーの壁画がパレスチナのベツレヘム・ヨルダン川西岸地区に現れたというニュース映像から幕を開ける。この1枚の絵の登場を皮切りに、現代アーティスト、政治家、またタクシー・ドライバーといったパレスチナに暮らす市井の人々が、互いの思惑を交差させる様子が描かれている。

実際にアーティストたちにとってパレスチナとイスラエルを隔てる「壁」が作品のキャンパスになっている映像が展開され、メイン・ビジュアルの「アートが世界を挑発する」というコピーそのものが映し出される。中には「この壁は世界最大のアートになる」と語るバンクシーの肉声も収められている。

本作は、8月4日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となる。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする