トランプ大統領、ロバート・デ・ニーロは「映画の中でボクサー達に頭を殴られすぎた」。トニー賞受賞式での「ファック、トランプ!」に反論

トランプ大統領、ロバート・デ・ニーロは「映画の中でボクサー達に頭を殴られすぎた」。トニー賞受賞式での「ファック、トランプ!」に反論

現地時間6月10日にニューヨークで行なわれたトニー賞授賞式。この授賞式にてプレゼンターを務めたロバート・デ・ニーロの発言に対し、トランプ米大統領がTwitterで反応を見せたことが分かった。

ロバート・デ・ニーロは同授賞式にて、“My Hometown”を披露するブルース・スプリングスティーンを紹介するためステージに登場。この壇上でデ・ニーロは拳を振り上げながら「ファック、トランプ!」と叫び、会場はスタンディング・オベーションに沸いていた。

そして今回、このデ・ニーロの発言を受けたトランプ大統領が、以下のような反論ツイートを投稿している。

「非常にIQの低い人物であるロバート・デ・ニーロは、映画の中で本物のボクサー達に頭を殴られすぎたのだ。授賞式での彼を観たが、私は彼が“パンチドランク”状態だったと信じて疑わない」

「どうやら彼は、この国の経済や雇用状況が過去最高の状態にあり、多くの企業が国内に戻ってきていることも理解していないようだ。目を覚ませ、へぼボクサーめ!」

なお「Consequence Of Sound」は、上記のツイートにおいて「IQが低い」という言い回しを用いたトランプ大統領自身が“too”というシンプルな単語をスペルミスしていることを指摘している。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする