ラッパーのXXXTentacion、他殺により弱冠20歳で急逝。カニエやディプロらが追悼コメントを発表

ラッパーのXXXTentacion、他殺により弱冠20歳で急逝。カニエやディプロらが追悼コメントを発表

ラッパーのXXXTentacionが、現地時間6月18日に亡くなったことが明らかになった。20歳だった。

「Washington Post」などが報じたところによると、XXXTentacionはこの日、バイクを購入するためショッピングセンターを訪れていたとのこと。そこに車に乗った2人の男が近づき、複数回発砲したという。銃撃を受けたXXXTentacionは病院に緊急搬送され、そこで死亡が確認された。

また、事件の目撃者が「TMZ」に語ったところによると、XXXTentacionの車からはルイ・ヴィトンのバッグが持ち去られたという。事件の調査官は強盗の可能性も含めて調査に当たっているようだ。

XXXTentacionは元恋人に対する暴行事件などで訴訟を起こされていたが、今年の3月にリリースしたニュー・アルバム『?』は全米1位を獲得していた。


なお、突然の訃報を受けてカニエ・ウエストやディプロらが以下のような追悼コメントを発表している。

カニエ・ウェスト:「直接言えずじまいだったけど、君にはものすごく影響をもらったよ。存在してくれてありがとう」


ディプロ:「彼は天才だった。本物のアーティストだ。自分だけのルールを作り上げてた。失敗をしたこともあっただろうけど、彼はまだ若かったし、努力を惜しまなかった。常に上を目指していたんだ。そして、他人への愛も深かった。キッズたちにとても優しくしていたんだ。

創造力も他とは比べものにならないほど豊かで、この週末に送ってくれたメールには、俺とスクリレックスにどうやって自分の次回作に携わってほしいのが書かれていた。今週、彼をLAに呼んでいたところだったんだ。いつ来てくれるかなって、考えていたところだった。

人生のすべてを音楽に捧げた彼は、フロリダを象徴する存在だ。俺は彼のことが大好きだった。約束してくれたように、これからもっと色々な作品を作ってくれるはずだったのに」

J.Cole:「悲しすぎて頭がおかしくなりそうだ。X、安らかに。巨大な才能と計り知れない可能性、そしてより良い人間であろうとする強い願い。彼の家族、友人、そしてファンに神のご加護を」
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする