ソニック・ユース、『デイドリーム・ネイション』の30周年記念で音源と映像のアーカイブをリリースへ

ソニック・ユース、『デイドリーム・ネイション』の30周年記念で音源と映像のアーカイブをリリースへ

ソニック・ユースが、1988年に発表した通算6枚目となるアルバム『デイドリーム・ネイション』の30周年を記念してライブ音源&映像のアーカイブをリリースすることがわかった。

「Pitchfork」によると、現地時間11月6日に音楽配信サイト「nugs.net」でアーカイブ音源&映像がリリースされ、MP3やハイレゾリューションオーディオといった複数のフォーマットでダウンロードが可能だという。

そしてオーディオCDには、1988年にニューヨークのライブハウスCBGBで録音されたライブ音源と、ビデオでもリリースされている2007年の英グラスゴーでのライブ、2011年にブルックリンはウィリアムズバーグのウォータフロントで開催されたコンサートも含まれているとのことだ。


メンバーのスティーヴ・シェリーは今回の発表にあたり、以下のようなコメントを発表しているとのことだ。

バンドは長年にわたり、時代の変化に伴いカセットやDAT、CD-Rやマルチトラック・レコーダーで出来る限り音源を録音してきた。

ファンによって作成されたオーディオテープや怪しい海賊版など手に入れられる限りの音源も集めてきた。何百時間にもわたるソニック・ユースのコンサート音源もあるし、僕らのお気に入りをいくつかシェアしたいと思ったんだ。


さらにソニック・ユースは『デイドリーム・ネイション』の30周年を記念し、オークション・サイト「Reverb」 で機材や記念品の販売を行っている。また10月には、同アルバムにまつわる映画上映とトーク・イベントも行っていた。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする