菅田将暉、初のライブ映像作品のジャケ写&収録楽曲を解禁

菅田将暉、初のライブ映像作品のジャケ写&収録楽曲を解禁 - 『SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM 2018.11.15』3月6日発売『SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM 2018.11.15』3月6日発売

菅田将暉が、3月6日(水)にリリースする映像作品『SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM 2018.11.15』のジャケットアートワークと、映像収録される楽曲を解禁した。
同作品は、菅田にとって初のライブ映像作品となり、2018年11月15日に恵比寿LIQUIDROOMで開催した一夜限りのプレミアムワンマンライブで演奏された全曲を収録。
“さよならエレジー”やデビューシングルの“見たこともない景色”、最新シングル“ロングホープ・フィリア”に加え、菅田将暉と親交のあるアーティストである、石崎ひゅーい“ピリオド”、米津玄師(+菅田将暉)“灰色と青”、あいみょん“ふたりの世界”のカバーも収められる。
更に、アンコールで披露し現時点では発売未定の新曲“クローバー”を、弾き語りでそのまま収録する。

また、同作品のCDショップ購入者特典「SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM 2018.11.15」バックステージパス(レプリカ)のデザインも、オフィシャルサイトにて公開中。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする