モンキーズのメンバーをはじめ、ブライアン・ウィルソンやマーク・ハミルらがピーター・トークへの追悼コメントを発表

モンキーズのメンバーをはじめ、ブライアン・ウィルソンやマーク・ハミルらがピーター・トークへの追悼コメントを発表

現地時間2月21日に77歳で亡くなったモンキーズのベーシスト、ピーター・トークの訃報に際し、メンバーのミッキー・ドレンツ、マイク・ネスミスをはじめブライアン・ウィルソンキャロル・キンググレアム・コクソン、マーク・ハミル、エドガー・ライトらが追悼のコメントを寄せている。

SNSで発表されたコメントの数々は以下。

ミッキー・ドレンツ
「言葉にならない……モンキーズの同志、ピーター・トークの訃報に心が張り裂けそうだ」

マイク・ネスミス
「(中略)ピーター・トークは永遠に私の一部であり続ける。これは過去にも言ったことがあるが、今だからこそ伝えるのにふさわしいことだと思う。私たちが自分たちをバンドと呼んだ理由は、私たちが演奏をした居場所がバンドだったから、ということだ。バンドはもうなくなるが、私たちの存在と、番組(『ザ・モンキーズ・ショー』)を私たちのプライベートなものーー恐れずに、それを秘密の遊び場と呼ぼうーーにしてくれた人たちにとっての賛歌である、モンキーズの音楽はこれからも響き続けるのだ」

ブライアン・ウィルソン
「ピーター・トークが亡くなったとの報せを受け、深い悲しみに襲われている。モンキーズは良いバンドだった。ピーターの死は惜しまれるだろう。ピーターの遺族と友人たち、そしてファンの方々へ愛と慈悲(Love & mercy)を」

ダイアン・ウォーレン
「なんてことでしょう、ピーター・トークよ安らかに。私が子どもの頃、ビーズのネックレスをくれてどうもありがとう(あれが60年代の話なんて!)」

キャロル・キング

グレアム・コクソン

マーク・ハミル
「ピーター・トークの死の報せに悲しんでいる。モンキーズは過小評価された存在だった。彼らの音楽は、ポップ・ミュージックの歴史の中で最も優れたものとして語り継がれることだろう。ピートよ、私の子ども時代、そしてその後も大きな存在で居続けてくれてありがとう」

エドガー・ライト
「モンキーズのピーター・トークよ、安らかに。一度も会うことができなかった。『ザ・モンキーズ/恋の合言葉 HEAD!』のこの曲はおすすめのピーター・トークの曲」
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする