モンキーズのベーシスト、ピーター・トークが逝去。享年77歳

モンキーズのベーシスト、ピーター・トークが逝去。享年77歳

モンキーズのベーシスト、ピーター・トークが77歳で亡くなったことが分かった。

直接の死因はまだ発表されていないが、「The Guardian」によるとピーター・トークは2009年に舌癌の診断を受けていたとのこと。

訃報はピーター・トークの公式Facebookを通して発表された後、遺族が公式声明を公開している。



遺族により発表された声明では、ピーターが現地時間2月21日朝にコネチカット州の自宅で亡くなったと発表されており、ピーターはその「エネルギー、知性、ユーモア、そして好奇心」と共に辛い癌との闘病に向き合っていたと綴られている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする