前作から2年、ザ・ナショナルの新AL『I Am Easy to Find』のリリース決定! シャロン・ヴァン・エッテンらゲスト・ボーカルが多数参加

前作から2年、ザ・ナショナルの新AL『I Am Easy to Find』のリリース決定! シャロン・ヴァン・エッテンらゲスト・ボーカルが多数参加

ザ・ナショナルが、5月17日にニュー・アルバム『I Am Easy to Find』をリリースすることを発表した。

同新作は、前作『スリープ・ウェル・ビースト』(2017)以来のスタジオ・アルバムとなる。同作は、第60回グラミー賞にてバンドにとって初のグラミー賞となる「Best Alternative Music Album」を受賞した。


「Pitchfork」によると、『I Am Easy to Find』ではシャロン・ヴァン・エッテンをはじめ多数の女性ボーカリストをフィーチャーしているとのことで、このことについてボーカルのマット・バーニンガーが以下のようにコメントしているという。

たくさんの女性がこのアルバムのなかで歌っているけど、「そうだ、もっと女性の声を入れよう」という理由からではないんだ。

「もっと多くの人々のアイデンティティの構造を取り入れよう」といった感じかな。本当はもっと男性ボーカルを入れるべきなんだけど、俺のエゴがそうはさせなかったんだよね。


また、今回の発表に合わせ、オープニング・トラックであり、長きに渡りデヴィッド・ボウイのバンド・メンバーであったゲイル・アン・ドロシーとフィーチャリングした“You Had Your Soul With You”と、同新作をフィーチャリングしたマイク・ミルズ監督(『20センチュリー・ウーマン』)による短編映画『 I Am Easy to Find』のトレイラーが公開されている。


なお、国内盤CDも同日5月17日にリリースされる。現在、BEATINKの公式サイトでは同新作の予約注文を受け付けている。
『I Am Easy to Find』のトラックリストは以下。

1. You Had Your Soul With You
2. Quiet Light
3. Roman Holiday
4. Oblivions
5. The Pull of You
6. Hey Rosey
7. I Am Easy to Find
8. Her Father in the Pool
9. Where Is Her Head
10. Not in Kansas
11. So Far So Fast
12. Dust Swirls in Strange Light
13. Hairpin Turns
14. Rylan
15. Underwater
16. Light Years
+ Bounus Track for Japan

前作から2年、ザ・ナショナルの新AL『I Am Easy to Find』のリリース決定! シャロン・ヴァン・エッテンらゲスト・ボーカルが多数参加
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする