ザ・ラカンターズ、8年ぶりのライブ開催。新ALより5曲初披露&ジャック・ホワイトの母親がバンドを紹介する一幕も

ザ・ラカンターズ、8年ぶりのライブ開催。新ALより5曲初披露&ジャック・ホワイトの母親がバンドを紹介する一幕も

今月、13年ぶりとなる単独来日公演を行う予定のザ・ラカンターズだが、現地時間4月6日に米ナッシュビルで開催されたサードマン・レコーズの10周年記念を祝うイベントに出演、約8年ぶりのライブを行った。

Consequence of Sound」によると、ジャック・ホワイトの母親が登場し、バンドを紹介。


ライブでは全15曲を披露。6月21日(金)にリリースする新アルバムより、“Sunday Driver”、“Now That You’re Gone”、“Bored and Razed”、“Help Me Stranger”、そして“Shine the Light On Me”を初めてライブでパフォーマンスしたのだという。



さらに、“Consoler of the Lonely”、“Level”、“Salute Your Solution”、“Steady As She Goes”、“Caroline Drama”といった過去の楽曲も披露したのだとか。


一般の参加者が撮影した映像は「Consequence of Sound」の記事より観ることができる。

なお、バンドは前作より約11年ぶりとなるニュー・アルバム『Help Us Stranger』を6月21日(金)にリリースする予定だ。来日公演のトレイラーも既に公開されている。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする