ひかりのなかに、自主レーベル立ち上げ&6月に初の自主制作盤『放課後大戦争』を発売

ひかりのなかに、自主レーベル立ち上げ&6月に初の自主制作盤『放課後大戦争』を発売
ひかりのなかにが、インディーズレーベル「ひかりのレコード」を立ち上げ、6月26日(水)に初の自主制作盤『放課後大戦争』をリリースする。

ひかりのなかには、都内を中心に活動している全員現役高校生・17歳のスリーピースロックバンド。2017年に高校の軽音部の男女3人組で結成され、すぐにオリジナル楽曲の制作を開始、同年12月にはライブハウスにて初ライブを行った。その後、応募したRO JACK for COUNTDOWN JAPAN 18/19で優勝し、COUNTDOWN JAPAN 18/19のステージに立った。

今回リリースされる自主制作盤『放課後大戦争』は全6曲収録のミニアルバムで、タイトルの通り、彼女たちが放課後に行っているバンド活動で生み出された楽曲が収録されている。なお、自主レーベル「ひかりのレコード」は、ONE OK ROCKflumpoolTHE ORAL CIGARETTESなどが所属しているレコード会社「A-Sketch」内に立ち上げられた。

また、バンドのオフィシャルサイトがプレオープンし、最新のアルバム情報のほか「Coming soon」の文字が載せられているとのこと。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする