ブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功と収益について語る。「僕らはあの映画でまだ一銭も稼いでない」

ブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功と収益について語る。「僕らはあの映画でまだ一銭も稼いでない」

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイが、英ラジオ局「BBC Radio 2」のゾーイ・ボールの番組に出演し、映画『ボヘミアン・ラプソディ』について語っている。

「Blabbermouth」によると、ブライアンは同番組にて映画の成功について語っているほか、この映画で得たとされる収益について以下のようにコメントしている。

あれは、長い時間をかけて、自分が好きでやった仕事だったね。制作に約12年ほどかかったのかな。

我々は、この映画は最終的にはうまくいくだろうとは思っていたし、自信もあったけど、でもあんなにもうまくいくことになるとは気づかなかった。世界中で素晴らしいことになっているからね。実際、ビリオンダラー(10億ドル)映画になってしまったわけだし。

先日思わず笑ってしまったんだけど、我々がこの映画で金持ちになったと新聞に書いてあったんだ。彼らは何にも知らないんだよ。この間会計士が、僕らはあの映画でまだ一銭も稼いでないって言ってたよ。僕らが金を儲けるには、どれだけ映画が成功しなきゃいけないと思う? どれだけ多くの人が興収の分け前を持っていくのか、みんな知らないんだ。

でも気分は最高だよ。あの映画が世に出たこと、そしてフレディ(・マーキュリー)が、いかなる意味でも美化されることなく、尊厳を持って描かれていると思うからね。


また、映画でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックについても、以下のように称賛している。

非常にリアルなんだよ……(アカデミー賞主演男優賞を受賞した)ラミ(・マレック)があれだけフレディに近づけたことに、みんなびっくりしているんだと思う。彼は何らかの方法でフレディの体の中に入り込むことができた、あれはまさに驚くべきことだよ。


なお、クイーン+アダム・ランバートが2020年1月に来日公演を行うことが決定している。



クイーンの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功と収益について語る。「僕らはあの映画でまだ一銭も稼いでない」 - 『rockin'on』2019年6月号『rockin'on』2019年6月号
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする