『スター・ウォーズ』撮影地で音楽フェスが開催。ルークの故郷、タトゥイーンの宇宙港都市として登場

『スター・ウォーズ』撮影地で音楽フェスが開催。ルークの故郷、タトゥイーンの宇宙港都市として登場

『スター・ウォーズ』のルーク・スカイウォーカーの故郷タトゥイーンの宇宙港都市、モス・エスパの撮影地として知られるチュニジアのオング エル ジュメルにて音楽フェスが開催されることがわかった。

「Kerrang!」によると、「Les Dunes Electronique 2019」と題したエレクトロ・ミュージックを中心とする同フェスは、現地時間9月21日、22日の2日間にわたり行われるという。フェスは2ステージ制で、およそ30組のアーティスト出演を予定しているそうだ。

https://youtu.be/lt0Pt1a3Q_M


なお、今年12月20日にはシリーズ最新作『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』が公開予定となっている他、「Variety」によれば、ウォルト・ディズニー・スタジオは2022年12月16日、2024年12月20日、2026年12月18日に同シリーズのさらなる新作をそれぞれ公開する予定だと発表している
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする