ブライアン・イーノはアポロ11号の月面着陸時に何をしていたのか? アルバム『アポロ』について語ったドキュメンタリー映像が公開

  • ブライアン・イーノはアポロ11号の月面着陸時に何をしていたのか? アルバム『アポロ』について語ったドキュメンタリー映像が公開
  • ブライアン・イーノはアポロ11号の月面着陸時に何をしていたのか? アルバム『アポロ』について語ったドキュメンタリー映像が公開
  • ブライアン・イーノはアポロ11号の月面着陸時に何をしていたのか? アルバム『アポロ』について語ったドキュメンタリー映像が公開
  • ブライアン・イーノはアポロ11号の月面着陸時に何をしていたのか? アルバム『アポロ』について語ったドキュメンタリー映像が公開

アポロ11号の月面着陸50周年を記念して、1983年に発表されたアルバム『アポロ』が7月19日にリイシューされたブライアン・イーノだが、同アルバムのドキュメンタリーがNASA所有の記録映像と共にYouTubeにて公開された。

同映像では、ブライアンイーノの兄弟であるロジャー・イーノ、そしてプロデューサーのダニエル・ラノワと共作した『アポロ』について、オリジナル作、そして今回のリイシューを制作する上でどのような過程があったのかなどが語られている。


映像の中で、ブライアン・イーノは以下のように語っている。

1969年の7月、ちょうどアートスクールに通うためにロンドンに移り住んだ時だった。私は教授の隣の部屋に住んでいて、ある日その教授が「彼らが月に着いたよ」って言ったんだ。

それから一緒に小さくてぼやけた白黒のテレビの映像を見た。何が素晴らしかったかって…その映像を見て、窓から見える満月を見て思ったんだ。「なんてこった、これはまさに今、あそこで起こっていることなんだ」って。世界が変わったって思えた瞬間だったよ。




ブライアン・イーノの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』8月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ブライアン・イーノはアポロ11号の月面着陸時に何をしていたのか? アルバム『アポロ』について語ったドキュメンタリー映像が公開 - 『rockin'on』 2019年8月号『rockin'on』 2019年8月号
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする