2人の巨大なロック・アイコン、ボブ・ディランとニール・ヤングのダブルヘッドライナー・フェスを現地からレポート!

2人の巨大なロック・アイコン、ボブ・ディランとニール・ヤングのダブルヘッドライナー・フェスを現地からレポート! - 『rockin'on』2019年9月号より『rockin'on』2019年9月号より

現地時間7月12日にロンドンのハイドパークで開催された「British Summer Time」にダブルヘッドライナーで出演したボブ・ディランニール・ヤング

これまでに何度か共演しているディランとヤングだが、ヤングは2005年の「Time」のインタビューの中で以下のように語っていたとのことだ。

俺は一生ボブ・ディランになることはできないよ……。彼は師匠だからね。誰になりたいかって訊かれたら、ボブ・ディランって答えるよ。


『ロッキング・オン』9月号では、のどかなハイド・パークの空気をスリリングに引き裂いたニール・ヤング、微笑みながらストーリーテリングするように歌ったボブ・ディランのライブの様子をレポートしている。

ニールとボブが登場する前には、サム・フェンダー、キャット・パワー、ローラ・マーリングが前座を務めていたという。

クレイジー・ホースとのニュー・アルバム『COLORADO』を10月にリリースすることを発表したニール・ヤングは、ここ数年活動を共にしているウィリー・ネルソンの息子、ルーカス・ネルソン率いるプロミス・オブ・ザ・リアルと共にステージに立ったとのこと。

次に、「何かの見間違いなのではないかと目を疑ったほどだった」というほど上機嫌のボブ・ディランが登場し、名曲たちを演奏したという。

ほかに同レポートでは、サム・フェンダー、キャット・パワー、ローラ・マーリングの前座の様子や、会場ののどかな雰囲気が描かれている。

73歳のニール・ヤングと78歳のボブ・ディラン、2人のロック・レジェンドを同時に観るという「一生に一度のシュールな体験」レポート。ぜひ『ロッキング・オン』9月号にてチェックしてみてほしい。



ボブ・ディランとニール・ヤングのダブルヘッドライナー・フェスのレポートは現在発売中の『ロッキング・オン』9月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

2人の巨大なロック・アイコン、ボブ・ディランとニール・ヤングのダブルヘッドライナー・フェスを現地からレポート! - 『rockin'on』2018年9月号『rockin'on』2018年9月号
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする