トゥールのダニー、早くも次作のリリース時期について語る。「すぐに次のレコードを作って前進し続けたいよ」

トゥールのダニー、早くも次作のリリース時期について語る。「すぐに次のレコードを作って前進し続けたいよ」

トゥールのドラマーであるダニー・ケアリーが、次のアルバムをリリースする時期について話していることが分かった。

SPIN」によれば、ダニーは「Metal Hammer」の取材にてバンドの今後について考えを述べ、8月に発表された13年ぶりのアルバム『フィア・イノキュラム』のツアーが終わり次第、新たにレコーディングを始めたいとして、次のように語っていたそうだ。

俺の予想では、おそらくこのアルバム(『フィア・イノキュラム』)のツアーを少なくとも2、3年やると思う。そのあとのことは、終わってからになると思うよ。

個人的な希望としては、すぐにレコーディングを始めて次のアルバムを完成させたいね。素材はたっぷりあるんだ。12年はかからないはず。というか、もし12年かかったら、おそらく俺は歳を取りすぎてその頃にはもうスティックを握ることができなくなってるよ! だから願わくば、すぐに次のレコードを作って前進し続けたいよ。


さらに、『フィア・イノキュラム』は長年所属してきたレーベルVolcano Entertainmentとの契約における最後のリリース作品だったため、今現在、獲得した新たな自由を謳歌したいとも語っていたそうだ。

モチベーションは上がってるよね。今や自由の身だから鼻先にぶら下げられた人参が大きくなってるんだ。


関連記事は以下。

トゥールのアダム・ジョーンズが語る日本文化への興味と愛着――『妖怪ウォッチ』から『女囚さそり』まで
テイラー・スウィフトの新作『ラヴァー』が全米アルバム・チャートで当然のごとく初登場首位に輝いた翌週、その2週連続No.1を阻んだのが、トゥールが13年ぶりに発表した新作『フィア・イノキュラム』だった。これは、眺めていてもなかなか面白いことが起きない最近の全米チャートにおいても、かなり興味深…
トゥールのアダム・ジョーンズが語る日本文化への興味と愛着――『妖怪ウォッチ』から『女囚さそり』まで



なお、トゥールのインタビュー記事は現在発売中の『ロッキング・オン』10月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

トゥールのダニー、早くも次作のリリース時期について語る。「すぐに次のレコードを作って前進し続けたいよ」 - 『rockin'on』2019年10月号『rockin'on』2019年10月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする