カニエ・ウェスト、リリース待たれる新AL『Jesus Is King』と同名フィルムをIMAXで公開することに

カニエ・ウェスト、リリース待たれる新AL『Jesus Is King』と同名フィルムをIMAXで公開することに

カニエ・ウェストが、ニュー・アルバム『Jesus Is King』のリリースに合わせて同タイトルのIMAXフィルムを公開することが分かった。

Consequence of Sound」によれば、現地時間10月25日に一夜限りで公開される『Jesus Is King』は、アリゾナ州フラッグスタッフにて、アーティストのジェームズ・タレルによるプロジェクト=「ローデン・クレーター」(火口裸眼天文台)で行なわれたカニエの「Sunday Service」(日曜礼拝)のパフォーマンスをフィーチャーしているという。

同作品の公開に関しての声明では、下記のように綴られているという。

この一度限りの上映では、ゴスペルの伝統に倣ってカニエ・ウェストがアレンジした楽曲およびニュー・アルバム『Jesus Is King』からの新曲もフィーチャーしています。その全てをIMAXの没入型サウンドと驚くほどの鮮やかさでお届けします。


なお、カニエはこれまでにタレルのプロジェクトを支援するため、1000万ドル(約10億円)を寄付している。

当初、現地時間9月27日にリリースが予定されていたカニエのニュー・アルバム『Jesus Is King』は、その後9月30日にリリース日が変更されたのち、10月2日の本記事執筆時点で未だ発表されていない。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする