ザ・プロディジーのマキシム、キース・フリントに捧げるソロ新作『ラヴ・モア』を12/4日本先行リリース

ザ・プロディジーのマキシム、キース・フリントに捧げるソロ新作『ラヴ・モア』を12/4日本先行リリース

ザ・プロディジーのマキシムが、ソロとして3作目となるフル・アルバム『ラヴ・モア』を12月4日に日本先行でリリースすることを発表した。

マキシムは1996年からソロ活動をスタートさせ、ザ・プロディジーの活動と並行しつつ、1998年後半からコンスタントにソロでのシングル曲などをリリースしてきた。

2000年にはスカンク・アナンシーのスキンとの共作“Carmen Queasy”を発表、同楽曲はUKシングル・チャートでヒットを記録し、同年10月にソロ初フル・アルバム『Hell's Kitchen』をリリース。その後、2005年に2ndアルバム『Fallen Angel』を発表している。

ザ・プロディジーのマキシム、キース・フリントに捧げるソロ新作『ラヴ・モア』を12/4日本先行リリース - 『ラヴ・モア』ジャケット『ラヴ・モア』ジャケット

今作は、レゲエやヒップホップ、そしてトラップ・ミュージックの要素を取り入れた、新たなマキシム・サウンドが凝縮した1枚になっているそうだ。今後、アルバムからの先行シングル配信や、ミュージック・ビデオの公開も予定している。

なお、今作はプロディジーのメンバーで、親友でもあった亡きキース・フリントに捧げる作品でもあるという。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする