フーファイのテイラー・ホーキンス、過去最悪のライブを振り返る。「レッチリ全員に1000個のゴルフボールとパスタを投下した」

フーファイのテイラー・ホーキンス、過去最悪のライブを振り返る。「レッチリ全員に1000個のゴルフボールとパスタを投下した」

フー・ファイターズのテイラー・ホーキンスが、これまでで最も最低のライブについて明かしていることがわかった。

Radio X」のインタビューにて、テイラーは「今までのライブで最悪だったのは?」という質問に対し、90年代後半、または2000年にレッド・ホット・チリ・ペッパーズの前座を務めた時のライブだと答え、その詳細について以下のように話していたという。

(レッチリとの)最後のライブだったから、まず最初に彼らの頭に1000個のゴルフボールを落として、それからパスタを投下することに決めたんだ。

その頃、俺はいつも泥酔していて、メンバーも皆ステージに上がる前にはメチャクチャ酔っぱらっていたんだ。まともに演奏なんてできなかったね。文字通り3曲ぐらいプレイするとステージにぶっ倒れたりしてさ……観客は俺たちにブーイングして、マジで最低だったよ。


大量のゴルフボールを落とされて、レッチリのメンバーがどう反応したかについても訊かれると「問題なかったよ。パスタがメンバーに落ちた時は……そのイタズラに彼らは寛大だった。チャド(・スミス)は今でも俺の親友の一人だしな」と答えていたそうだ。

なお、先日テイラーは過去にガンズ・アンド・ローゼズへの加入を打診された時に、クイーンのロジャー・テイラーにどうするべきかアドバイスを求めていたことも明かしていた

テイラーはサイド・プロジェクト、テイラー・ホーキンス&ザ・コートテイル・ライダーズによる3rdアルバム『ゲット・ザ・マネー』を11月8日に発表。同アルバムの国内盤は12月25日(水)にリリースされる予定だ
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする