リアム・ギャラガー、離婚問題などを抱えていた時期に英サバイバル番組から出演依頼を受けていた? 「俺はすでにジャングルにいる!」

リアム・ギャラガー、離婚問題などを抱えていた時期に英サバイバル番組から出演依頼を受けていた? 「俺はすでにジャングルにいる!」

リアム・ギャラガーが、過去にジャングルでサバイバルを繰り広げる英リアリティ番組などから出演依頼を受けていたことがわかった。

「MOJO」誌のインタビューを伝えた「Radio X」によると、当時ビーディ・アイの解散、オール・セインツのニコール・アップルトンとの離婚など災難が続き、さらに米ジャーナリストのリザ・ゴルバーニーとの間に娘が生まれることが発覚したリアムは、その状態から金銭的に困窮しているのではないかと思われていたらしく、複数のテレビ番組から出演依頼を受けていたそうだ。

リアムは、セレブがプロダンサーと組み、社交ダンスとラテン・ダンスの技を競い合う『Strictly Come Dancing』や、セレブがジャングルでサバイバルを繰り広げる『I'm A Celebrity… Get Me Out Of Here!』、さらにトーク番組『The Jeremy Kyle Show』などから出演のオファーを受けていたとのこと。

リアムは『I'm A Celebrity… Get Me Out Of Here!』を例に、以下のようにコメントしていたという。

「ジャングルに行きたいですか?」と訊かれて、「おい。俺はすでにクソなジャングルにいる。バンドが解散して子どもは口をきいてくれねえし、カミさんが去っちまったうえに、もう一人子どもが生まれるんだ。これってファッキンなジャングルだろ」って答えてやったぜ。


さらに、『The Jeremy Kyle Show』に関しては、司会のJeremy Kyleがリアムと兄ノエル・ギャラガーの仲を解決するため、2人をゲストとして招待したがっていたと語っている。

なお、以前にはレディオヘッドトム・ヨークも『Strictly Come Dancing』からオファーを受けていたことを明かし、「(同番組の)放送が始まった頃、出演を依頼されたんだ。俺は『何だって?』って感じだったけど」と語っていた。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする