Official髭男dism、新曲“Laughter”を映画『コンフィデンスマンJP』に書き下ろし。3度目のタッグ

Official髭男dism、新曲“Laughter”を映画『コンフィデンスマンJP』に書き下ろし。3度目のタッグ
Official髭男dismの新曲“Laughter”が、5月1日(金)公開の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌に決定した。

Official髭男dismは、“ノーダウト”でドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に起用され、インディーズアーティスト(当時)として初の「月9」起用となった。初の映画主題歌となった『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の主題歌“Pretender”は、「オリコン年間ストリーミングランキング 2019」で第1位を獲得しており、今回が3度目の『コンフィデンスマンJP』とのタッグとなる。

今作のために書き下ろされた新曲“Laughter”について、藤原聡(Vo・Pf)は「映画の世界観と結びつきながら、『自分たちらしく生きていくこと』、『自分にとって大切なモノと一緒に人生を歩むこと』の素晴らしさについて歌った曲」だとコメントしている。

『コンフィデンスマンJP』は、『ミックス。』や『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『リーガルハイ』シリーズなどを手掛けた脚本家・古沢良太によるテレビドラマで、昨年5月に劇場版として公開した『コンフィデンスマンJP ロマンス編』は興行収入29.7億円を記録した。


【Official髭男dism コメント】
この度、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌を担当させていただくことになりました。“Laughter”という楽曲で、すごく映画の世界観と結びつきながら、「自分たちらしく生きていくこと」、「自分にとって大切なモノと一緒に人生を歩むこと」のすばらしさについて歌った曲になります。どんな曲になっているのかは映画の詳細と一緒に楽しみに待っていてもらえたら嬉しいなと思っています。

【長澤まさみ コメント】
今までのOfficial髭男dismさんの曲にないような、しっとりしている曲調で凄く素敵な曲でした。藤原さんの高音ボイスがのびやかで、映画を観終わった後、物語を噛みしめたくなるような気持ちになると思います。今回の歌詞には難解なところがあり、深い意味がありそうです…。映画の内容を歌ってくださっているのかなと感じました。
皆さまにお届けできるまで、楽しみにしていてください!


Official髭男dism、新曲“Laughter”を映画『コンフィデンスマンJP』に書き下ろし。3度目のタッグ - ©2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会©2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする