クイーン+アダム・ランバート、ニュージーランド公演でレッド・ツェッペリンのあの曲をカバー!

クイーン+アダム・ランバート、ニュージーランド公演でレッド・ツェッペリンのあの曲をカバー!

先月、大盛況のうちに来日ツアーの幕を閉じたクイーンアダム・ランバートが、ニュージーランド公演でレッド・ツェッペリンの曲をカバーしていたことがわかった。

Ultimate Classic Rock」によると、現地時間2月10日にダニーデンのフォーサイス・バー・スタジアムで行われた公演で、バンドはレッド・ツェッペリンの“Whole Lotta Love”を演奏したという。

そのパフォーマンスは、ファンが撮影した以下の動画で観ることができる。

https://www.youtube.com/watch?v=8FDXpUAQzvg&feature=emb_title

クイーン+アダム・ランバートは2015年にも同曲をカバーしたことがあり、ギタリストのブライアン・メイはYouTubeチャンネル「Raised On Radio」のインタビューで、ツェッペリンの熱心なファンだったと明かし、次のように語ったという。

1969年10月に、ツェッペリンはロンドンのLyceum Ballroomで5公演を開催していたんだ。私はロジャー(・テイラー)と足を運んだんだが、このバンドを観るのは、この上ない拷問のように感じた。なぜなら、すでに彼らはクイーンが望んでいた存在になっていたからね


そして、ツェッペリンが持つエネルギーと束縛のない情熱、そして妥協なき危険に夢中になり、嫉妬したとも明かしていたそうだ。

なお、クイーン+アダム・ランバートは、現地時間2月16日に森林火災で莫大な被害をこうむったオーストラリアを支援するチャリティー・コンサート「Fire Fight Australia」に出演する予定だ。さらに、2020年6月にはロンドンのO2アリーナで行う5公演に加え、同会場でさらに5公演を開催することを発表していた




クイーンの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』3月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


クイーン+アダム・ランバート、ニュージーランド公演でレッド・ツェッペリンのあの曲をカバー!
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする