The 1975のマシュー・ヒーリー、「今後はアーティストの男女比が同等のフェスにしか出演しない」とSNSに投稿

The 1975のマシュー・ヒーリー、「今後はアーティストの男女比が同等のフェスにしか出演しない」とSNSに投稿

The 1975のフロントマン、マシュー・ヒーリーが、「今後はアーティストの男女比が同等のフェスにしか出演しない」とSNSに投稿していたことが明らかとなった。

Pitchfork」によると、「The Guardian」の音楽エディターLaura Snapesがツイートした、「レディング・フェスティバルでヘッドライナーを務めるレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが、同フェスの出演アーティストの男女比を平等にするよう主張していたらもっと最高だったのに」とのコメントに、マシューが次のように返信していたという。
「マジで的を得てるね。このツイートを俺がその意見に同意したものとして取ってくれ。すでに俺は、(出演アーティストの男女比が同等じゃない)いくつかのフェスティバルに出演することになってるし、そのチケットを持ってるファンを失望させはしない。だけど、今後は(男女の比率が同等なフェスにしか)出演しないし、これが(女性アーティストにとって)男性アーティストが真の盟友になり得る方法だと信じてるよ」

さらにマシューは、続けて次のようなコメントも投稿していたとのことだ。

「(このツイートにより)今、俺のエージェントがヤキモキしてるだろうけど、時間切れだ。口にするだけじゃなく行動に移す必要がある。ケツを蹴り上げてくれたSnapes氏に感謝だ。君は変化を起こしてるよ」

なおThe 1975は、4月24日(金)に最新アルバム『Notes On A Conditional Form』をリリースする予定だ
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする