クイーン+アダム・ランバート、豪森林火災のチャリティ・コンサートにて「ライヴ・エイド」を再現!

クイーン+アダム・ランバート、豪森林火災のチャリティ・コンサートにて「ライヴ・エイド」を再現!

現地時間2月16日に開催された森林火災で甚大な被害を被ったオーストラリアを支援するチャリティ・コンサート「Fire Fight Australia」で、クイーンアダム・ランバートが「ライヴ・エイド」を再現していたことがわかった。

Ultimate Classic Rock」によると、「Fire Fight Australia」でクイーン+アダム・ランバートが「ライヴ・エイド」と全く同じセットリスト(“Bohemian Rhapsody”、“Radio Ga Ga”、 “Hammer to Fall”、“Crazy Little Thing Called Love”、“We Will Rock You”、“We Are the Champions”の6曲)を演奏したという。

そして、チャリティ・コンサート前に、バンドは次のような声明を発表していたとのことだ。

「史上初めて、アダム・ランバートをフロントマンに迎えたクイーンが、バンドを象徴する1985年の『ライヴ・エイド』のセットを今夜演奏します。6曲のセットは、史上最高のライブ・パフォーマンスの一つとして広く認められています!」

メンバーの背後に設置された巨大スクリーンに、「ライヴ・エイド」のステージでパフォーマンスを繰り広げるフレディ・マーキュリーの姿が時々映し出されていたそう。

「ライヴ・エイド」を再現したバンドの演奏は、以下の動画で観ることができる。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=ijntCN1BVlI&feature=emb_title

なお、同バンドは先週開催されたニュージーランド公演でレッド・ツェッペリンの“Whole Lotta Love”をカバーし話題となっていた



クイーンの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』3月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


クイーン+アダム・ランバート、豪森林火災のチャリティ・コンサートにて「ライヴ・エイド」を再現!
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする