ジョニー・マー、英アワードで共演したビリー・アイリッシュの才能を称賛。 「俺は素晴らしいミュージシャンか見たら分かる」

ジョニー・マー、英アワードで共演したビリー・アイリッシュの才能を称賛。 「俺は素晴らしいミュージシャンか見たら分かる」

ジョニー・マーが、現地時間2月18日に開催されたブリット・アワードで共演したビリー・アイリッシュを称賛していたことがわかった。

同アワードでは、ビリーによる映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌“No Time To Die”が初披露され、マ―はこのパフォーマンスに映画にてスコアを手掛けるハンス・ジマーと共に参加している

「NME」のインタビューを報じた「Radio X」によると、マ―は“No Time To Die”を初めて聴いた時の感想を次のように語っていたという。

初めて主題歌を聴いた時、「これはスゴい」と思った。かなり大胆で超ミニマリストだよね。ビリーのサウンドだし、ボンドっぽくするトリックが効いてる。

すでに素晴らしい曲だがサウンドの観点からすると、あからさまじゃなくボンド風にしてるのがいい。大袈裟にするのは簡単だし、ミニマムにするのがベストなケースだ。映画とも合ってるしね。



また、マーはビリーの実兄でコラボレーターであるフィニアスについても触れ、以下のように言及していたそうだ。

ビリーは最高の新人だ。ポップ・アーティストだとは言いたくないが、個性的で多くの人が共感できる彼女のようなクールな人が、あれほどの人気があるっていいことだよね。

本当にビリーは良いミュージシャンで、彼女の家族も音楽一家ですごくソウルフルだ。俺は素晴らしいミュージシャンか見たら分かるんだよ。



ビリー・アイリッシュが主題歌を務め、マーとハンス・ジマーがスコアを手掛ける映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、4月10日(金)より日本公開予定だ。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする