ミューズやブラーのメンバーらが率いるバンド=The Jaded Hearts Club、デビューSG“Nobody But Me”を発表!

ミューズやブラーのメンバーらが率いるバンド=The Jaded Hearts Club、デビューSG“Nobody But Me”を発表!

ミューズブラーのメンバーからなるバンド、The Jaded Hearts Clubが、デビュー・シングル‟Nobody But Me”を発表した。

Consequence of Sound」によると、バンド・メンバーはミューズのマシュー・ベラミー(ベース)、ブラーのグレアム・コクソン(ギター)、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツマイルズ・ケイン(ボーカル)、ザ・ズートンズのショーン・ペイン(ドラマー)、ジェイミー・デイヴィス(ギター)で構成されているという。

なお、The Jaded Hearts Clubが正式に楽曲をリリースするのは今回が初めてだそうだが、すでに2017年にはライブ・デビューを果たしており、「SXSW」などのフェスでもプレイしていた経験を持つ。

これまでバンドのライブでは“Helter Skelter”や“I Saw Her Standing There”をはじめとするザ・ビートルズのカバーなどがフィーチャーされてきたが、デビュー・シングルである“Nobody But Me”も1962年にリリースされたアイズレー・ブラザーズ のカバーだという。


同楽曲をカバーした理由について、メンバーのジェイミーは以下のようなコメントを発表している。

ロサンゼルスに住んでいてわかったのは、ノーザン・ソウルについて誰も聞いたことがないみたいってこと。ヒット曲が出なくなった後も、イギリス北部出身の奴らがいかにアメリカのソウル・ミュージックに夢中になり、その音楽を楽しい夜を過ごすためのサウンドトラックにしてたかという物語が大好きなんだ


公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする