東京スカパラダイスオーケストラ、最新曲“倒れないドミノ”を4/22に配信リリース

  • 東京スカパラダイスオーケストラ、最新曲“倒れないドミノ”を4/22に配信リリース - 『倒れないドミノ』4/22配信開始

    『倒れないドミノ』4/22配信開始

  • 東京スカパラダイスオーケストラ、最新曲“倒れないドミノ”を4/22に配信リリース
  • 東京スカパラダイスオーケストラ、最新曲“倒れないドミノ”を4/22に配信リリース - 『倒れないドミノ』4/22配信開始
  • 東京スカパラダイスオーケストラ、最新曲“倒れないドミノ”を4/22に配信リリース
東京スカパラダイスオーケストラが、4月22日(水)に最新曲“倒れないドミノ”を配信リリースする。

同曲は、現在J-WAVE(81.3FM)が展開している春のキャンペーン「GOOD MUSIC, GOOD VIBES」のキャンペーンソングとして書き下ろされた楽曲。「いつもと違う時だからこそ、いつもと同じ声と音楽で、東京に前向きなバイブスを!」がキャンペーンのテーマとして掲げられており、谷中敦(Baritone sax)が作詞、加藤隆志(G)が作曲、茂木欣一(Dr)がボーカルを務めている。また、J-WAVEで毎週日曜に生放送されているカウントダウン番組『TOKIO HOT 100』では、4月12日付と4月19日付の2週連続でチャート1位を獲得していた。

作詞を担当した谷中は「今回歌詞を書かせて頂くにあたって、J-WAVEさんから『不安を煽らず、冷静に、思いやりを持って、前向きな放送を…いつもと違う時も、いつもの声と音楽で。』というメッセージを頂いたあとに、世の中がこういうことになってからなのか、やけに綺麗に見える東京の空のことを考えました。空もブルー、だけど僕らの心もブルー。みんなで集まる筈だった日に、空を一人で見上げるとき、自分とおなじ気持ちの人もいるのかな、と考えました。そして、電波を通じてラジオで繋がるときと同じように『空で繋がる』ことがテーマとなりました」と歌詞に関するコメントをしている。

さらに谷中は「大変なことに見舞われたこの社会の中、お互いに寛容な気持ちを持って、なんとかなんとか助け合って、この人類の未曾有の悲劇を乗り越えたいです。そして乗り越えた、と思えるようになったときに、晴れやかな気持ちで、沢山の人々と共に、集まって音楽を楽しめるようになるのを心待ちにしています。その時のライブは本当に凄いんだろうな!笑 自分はその時を楽しみにしています」ともコメントしている。

公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする