マイ・ケミカル・ロマンス、チャリティの目的でマスクの販売をスタート

マイ・ケミカル・ロマンス、チャリティの目的でマスクの販売をスタート

昨年12月に再結成し、今年ワールド・ツアーを開催する予定だったマイ・ケミカル・ロマンス。そんな彼らが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、チャリティの目的でマスクの販売を開始したことが明らかとなった。

Kerrang!」によると、バンドは新型コロナウイルスの影響で仕事を失った音楽業界の関係者を支援するために設立された慈善団体「MusiCares Covid-19 Relief Fund」に、マスクの売り上げを寄付するという。

マスクは、バンドの公式サイト(https://mychemicalromance.warnerrecords.com/desert-screening-device.html)で購入可能で、次のようなメッセージが添えられている。

俺達は、不可思議で疎外された恐ろしい時代に生きている。このマスクは、新型コロナウイルスではなく、かつて悪だった癌(がん)で亡くなった愛すべき我らが Lauren Valenciaが発案したものだ。このマスクは、開催されることがなかった、そして二度と行われないだろうライブで、ファンが砂漠の砂埃から身を守れるようにバンドが作ったんだが、その後に忘れ去られていたようだ。

そして今、まるでLaurenに先見の明があったかのごとくマスクがここに登場し、無意識のうちに適切なタイミングを待っていたかのようだ……。バンドは売り上げの全てを、「MusiCares Covid-19 Relief Fund」に寄付する


そんなマイ・ケミカル・ロマンスは、3月29日(日)に幕張メッセで開催予定だった「ダウンロード・ジャパン2020」でヘッドライナーを務めることが決まっていたが、同公演は延期。その後、中止が発表された
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする