主催者が語る、一度きりの「スーパーソニック 2020」。そして、大きな転換期を迎えつつある洋楽シーンのこれから

主催者が語る、一度きりの「スーパーソニック 2020」。そして、大きな転換期を迎えつつある洋楽シーンのこれから - 『rockin'on』2020年6月号より『rockin'on』2020年6月号より

4月6日の時点で、5月いっぱいの海外アーティストのすべての来日公演のキャンセルを発表した、クリエイティブマンプロダクション。サマーソニックの主催者であり、今年はクイーンビリー・アイリッシュの招聘を手掛ける洋楽シーンの牽引者であるプロモーターだけに、その決断は重いものだったはずだが、しかし同時に素早く明快で、ユーザーにとっては対応しやすかった。フェス主催者としての、状況に即した、ユーザーとの近い距離感が生んだ的確なオペレーションだったと思う。

そして一方で、オリンピック・イヤーで幕張メッセが夏場に使えないことからサマーソニックはお休み、だったはずの今年だが、9月にZOZOマリンスタジアムでThe 1975スクリレックスポスト・マローンをヘッドライナーに迎えた「スーパーソニック」の開催が発表されている。コロナ禍の現状をふまえて洋楽コンサート・ビジネスをどう運営していくのか、そして「スーパーソニック」の内容について、代表の清水直樹氏に訊いた。(編集長 山崎洋一郎)


スーパーソニック 2020の関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


主催者が語る、一度きりの「スーパーソニック 2020」。そして、大きな転換期を迎えつつある洋楽シーンのこれから - 『rockin'on』2020年6月号『rockin'on』2020年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする