四星球、四国ツアー「動け四星球」開催。初日は5,000人キャパに1回80名のみ動員

四星球、四国ツアー「動け四星球」開催。初日は5,000人キャパに1回80名のみ動員 - アスティとくしまアスティとくしま
四星球が、7月より四国ツアー「動け四星球」を開催する。

これは、6月21日に行われた四星球の配信ライブ「Social distance,so shall we dance?」内で発表されたもの。同ツアーの初日は、観客動員ライブ「動け四星球〜踊る阿呆に見る阿呆〜」として、7月4日(土)に地元・徳島県のアスティとくしまで行われる。四星球が拠点を置いている徳島県で大々的にライブが行われるのは、緊急事態宣言解除後初となる。

ツアー初日・アスティとくしま公演での感染防止対策に関しては、政府および徳島県の定めるイベント開催基準を満たす条件を遵守しての開催となる。今回は、本企画の最初ということもあり四国在住の方のみ応募可能。アスティとくしまは通常収容人数が5,000人となっているが、1公演につき80名、2回公演が実施されるので参加できるのは計160名となる。

アスティとくしまは、会場内の空気を18分で入れ替えることができる換気設備が完備されており、スタッフも最少人数でマスク・ビニール手袋・フェイスガードを着用、手洗い・うがい専用設備の設置、来場者の間隔は2m以上など、万全の対策を講じての公演となる。また、有事の際すぐに対応できるよう準備も施されているとのこと。

さらに、四国以外の方やチケットが取れない方のために、当日の2公演目は有料生配信も行われる。ライブの申し込みは専用フォームにてスタートしており、配信ライブのチケット情報はオフィシャルサイトにて後日発表される。そのほか、ライブの詳しい情報はオフィシャルサイトから。

なお、四国ツアー「動け四星球」別公演の日程・会場・詳細は7月4日(土)以降に順次発表される。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする