SEKAI NO OWARI、新シングル『umbrella / Dropout』には「今のセカオワ」が詰まっている

  • SEKAI NO OWARI、新シングル『umbrella / Dropout』には「今のセカオワ」が詰まっている - 『umbrella / Dropout』初回限定盤A

    『umbrella / Dropout』初回限定盤A

  • SEKAI NO OWARI、新シングル『umbrella / Dropout』には「今のセカオワ」が詰まっている - 『Dropout / umbrella』初回限定盤B

    『Dropout / umbrella』初回限定盤B

  • SEKAI NO OWARI、新シングル『umbrella / Dropout』には「今のセカオワ」が詰まっている - 『umbrella / Dropout』通常盤

    『umbrella / Dropout』通常盤

  • SEKAI NO OWARI、新シングル『umbrella / Dropout』には「今のセカオワ」が詰まっている - 『umbrella / Dropout』初回限定盤A
  • SEKAI NO OWARI、新シングル『umbrella / Dropout』には「今のセカオワ」が詰まっている - 『Dropout / umbrella』初回限定盤B
  • SEKAI NO OWARI、新シングル『umbrella / Dropout』には「今のセカオワ」が詰まっている - 『umbrella / Dropout』通常盤
SEKAI NO OWARIが6月24日にニューシングル『umbrella / Dropout』をリリースした。シングル自体のリリースは24日だが、表題曲にあたる2曲は先行で配信リリースがされているため、少し前から聴くことができた。

私たちが最初に触れることができたのは、3月に配信された“Dropout”だろう。アコースティックギター&コーラスを重ねた奥行きのあるEDMサウンドに乗せて、英語の歌詞が歌われている。歌詞の内容はFukase(Vo)の過去を思わせるもの。全体として、End of the World名義で海外へ発信するなかで得た経験がSEKAI NO OWARIにも影響を与えつつあるように――両者の境界線がなくなりつつあるように感じた。


一方、“umbrella”は80~90年代のJ-POP、歌謡曲的に通ずるものがある曲。雨が降ったときに地面から上がってくる匂いをペトリコールと言うが、メロからあれに近い懐かしさを感じる。個人的に大きく驚かされたのが、Fukaseのボーカル。特に音域の高い冒頭は、初めはFukaseだと気づかなかったくらいだ。声を張るというよりも抜くような歌い方で、それにより響きの成分が増え、声質の透明感がより活きている。ビニール傘目線の歌詞がかえって切なく聴こえる。


そしてカップリングの“周波数”は今回初収録の新曲。TOKYO FM開局50周年アニバーサリーソングではあるが、彼らの信じる音楽の魔法について歌われた曲であり、このタイミングでリリースされることに大きな意味を感じる。転調を重ね、のびやかに羽ばたいていくメロディが私たちを別の世界へ連れ出してくれるようだ。

これまでセカオワが鳴らしてきた音楽を土台にしながらも、「集大成」的なところに留まらず、新しいこともやり、歌詞では核心的な部分に踏み込んでいる。今のセカオワのしなやかさを感じさせる、必然のシングルだ。(蜂須賀ちなみ)

JAPAN最新号 表紙はMrs. GREEN APPLE!星野 源/[Alexandros]/SEKAI NO OWARI/宮本浩次/MAN WITH A MISSIONなど
2020年6月30日(火)に発売する『ROCKIN’ON JAPAN』2020年8月号の表紙とラインナップを公開しました。今月号の表紙巻頭は、Mrs. GREEN APPLEです。 そのほかラインナップは以下のとおり。 ●Mrs. GREEN APPLE 新世代ポップ革命の旗…
JAPAN最新号 表紙はMrs. GREEN APPLE!星野 源/[Alexandros]/SEKAI NO OWARI/宮本浩次/MAN WITH A MISSIONなど

購入はこちらから。
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする