ビリー・アイリッシュ、“ジャスティン・ビーバー愛”が強すぎて親が心配していた

ビリー・アイリッシュ、“ジャスティン・ビーバー愛”が強すぎて親が心配していた

ビリー・アイリッシュの母親マギーが、ジャスティン・ビーバーが原因で、ビリーをセラピーに通わせようとしていたというエピソードを披露した。

E!Online」によると、マギーが、ビリーとビリーの父パトリック・オコンネルが一緒に配信するラジオ番組『me&dad radio』に出演。その際、過去にビリーがジャスティンと彼の楽曲“As Long As You Love Me”に憑りつかれていることを心配していたと明かし、さらにこう続けた。

一言いっておくとね、私たちはあなたをセラピーに連れて行くことを考えていたの。あなたが信じられないほどジャスティン・ビーバーのことで苦しんでいたからね。(ジャスティンへの愛が)強烈すぎて、苦しみを引き起こしていたからよ!


その母親の発言にビリーは、「本当に!? それって恥ずかしいね(笑)」と答えていたそうだ。

続けてマギーは、ビリーがダンス・スタジオへ向かう途中で “As Long As You Love Me”を聴きながら泣いていた想い出や、ビリーがマリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズが大好きだったことも明かしている。

ちなみに、ビリーは2019年のコーチェラ・フェスティバルでジャスティンと待望の初対面を果たしている。同年7月には自身のヒット曲“Bad Guy”にジャスティンが参加したバージョンをリリースするなど、交流があることで知られている。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする