欅坂46、改名発表の瞬間など最新映像を収めたドキュメンタリー映画の新予告を解禁。新公開日は9/4

欅坂46、改名発表の瞬間など最新映像を収めたドキュメンタリー映画の新予告を解禁。新公開日は9/4 - ©2020「僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会©2020「僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会
欅坂46のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46』の公開日が9月4日(金)に決定した。また、作品の公開に先立ち、新たな予告編も解禁されている。


本作は、グループ初のドキュメンタリー映画で、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって公開が延期されていた。3月に一度映画本編が完成していたが、公開延期を受け、急遽活動自粛を余儀なくされていたメンバーへリモートによる取材を続行し、さらに活動再開となった無観客配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!」の会場に映画クルーも同行。「新章」への第一歩と思われたライブで改名と再スタートを発表した舞台裏、演出、新2期生ら新たなメンバーも加わったステージパフォーマンス、そしてライブから数日経った7月下旬に改めてドキュメンタリーのカメラがメンバーを捉え、「いま」の心境が率直に語られた作品に仕上がっているとのこと。

今回の新公開日決定を受け、高橋監督は「欅坂46が、いわゆる一般的なアイドル像には、当てはまらないグループだったので、この映画も、今までのアイドルドキュメンタリーとは違うものに、ならざるを得ませんでした」とコメント。解禁された新たな予告編では、無観客ライブの映像とキャプテン・菅井友香による改名発表の瞬間などが収められているという。

発売が延期されていたムビチケ前売券にはメンバー生写真が付属し、8月14日(金)より全国の上映劇場で発売されることが正式決定している。なお、当初予定されていた公開予定劇場は、60館規模から100館規模へ拡大公開となる。


【高橋栄樹監督 コメント】
欅坂46が、いわゆる一般的なアイドル像には、当てはまらないグループだったので、この映画も、今までのアイドルドキュメンタリーとは違うものに、ならざるを得ませんでした。それが良かったのか、そうではないのかは、ご覧いただいた皆様に、お決めいただくしかないと思っています。ご批判がありましたら監督に、賞賛はメンバーの皆様に、お願いできればと思います。


公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする