リアム・ギャラガー、酔った勢いで熱唱! ドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』の本編映像解禁

リアム・ギャラガー、酔った勢いで熱唱! ドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』の本編映像解禁

9月25日より公開予定の、リアム・ギャラガーを追ったドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』から、リアムが酒場で弾き語りをする本編映像が解禁された。

https://www.youtube.com/watch?v=KMCHR5YeHWs&feature=youtu.be

時はオアシス解散後。離婚訴訟問題が勃発し、リアムが結成したビーディ・アイも軌道に乗らず自然消滅。失意のどん底にあった時期に、リアムは酒場でギネスビールを8時間飲み続けていたという。

そんな中、酔った勢いでパブの老人が渡してきたギターを手に、リアムは自ら作った未発表曲“ボールド”を披露。後にこの様子を撮影した映像がネットにアップされ話題になり、リアムの復活を予感させた。

リアム・ギャラガー、酔った勢いで熱唱! ドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』の本編映像解禁

当時、一般客が混じる酒場で、リアムの1stソロ・アルバム『アズ・ユー・ワー』に収録されることになる楽曲“ボールド”を歌った経緯について、リアム本人は「誰かがギターを出してきて、それを俺が弾いてた」と、ごく自然な流れだったことを振り返っている。

同映画は、そんなリアムの知られざる姿が映し出され、リアムの素顔が見られるのも見どころのひとつだ。

映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』は、9月25日より公開。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする