スティーヴィー・ワンダー、ミック・ジャガー、シンディ・ローパーら、『ブラックパンサー』主演の俳優チャドウィック・ボーズマンを追悼

スティーヴィー・ワンダー、ミック・ジャガー、シンディ・ローパーら、『ブラックパンサー』主演の俳優チャドウィック・ボーズマンを追悼

マーベル映画『ブラックパンサー』への出演で知られる俳優チャドウィック・ボーズマンが、現地時間8月28日に結腸がんにより逝去した。43歳だった。

今回この訃報を受け、数多くのアーティストが追悼の意を示している。

Detroit Free Press」によると、チャドウィックの訃報を耳にしたスティーヴィー・ワンダーが、「見た目の表現だけでなく、彼がいかにキャラクターに入り込んでいけるかに感銘を受けた。彼の全魂が内に存在しているかのように、彼が役柄に成り切る方法が素晴らしかったよ」と述べ、彼の才能を称えた。

ミック・ジャガー


「チャドウィック・ボーズマンの訃報を耳にして、すごく悲しい。彼は素晴らしくて愉快な優しい人だったし、才能ある俳優だった。彼は多くの人に惜しまれるだろう」


ザ・ウィークエンド


「辛すぎる。あまりにも早く逝ってしまった。安らかに眠ってほしい」


マライア・キャリー


「すごく辛い。不屈の力強さを見せてくれてありがとう。あなたは素晴らしい作品と、インスピレーションを与えてくれる遺産を残してくれました。安らかに眠ってください。チャドウィックは永遠です」


ホールジー


「本当に素晴らしくカリスマ的な人で、特別に穏やかな顔をしていたわ。彼の作品に対する献身のおかげで、何百万もの人々の人生が変わり刺激を受けました。今日は、どうしようもなく悲しい日です」


・クエストラヴ


「『ブラックパンサー』がプレミア公開された週に、漂っていた感覚を言葉で表現なんてできない。人々が誇りとその決意を目にして顔を輝かせたことをね。この映画の影響と、いかにこの才幹ある人物の映画が人々を変えたかを実際に見たんだ。俺は、その点で彼に夢中になるのを止められなかった。彼の家族と彼を愛する人々、至る所にいる友人とサポーターにとって悲しい喪失だ。それに、誰かが彼らの人生でどんな困難に耐えているか、本当には知り得ないという教訓も考えてみよう。誰のことも、そこにいることが当たり前だと思ってはいけない。特にこの時期は。ありがとう、チャドウィック・ボーズマン!」


シンディ・ローパー


「安らかに眠ってください。なんて素晴らしい才能と寛大な精神だったのでしょう。この辛い時期を耐えている、あなたの家族を想っています」

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする