リアム・ギャラガー、兄ノエルの「リアムの歌声はずば抜けていた」という言葉に皮肉交じりに反応

リアム・ギャラガー、兄ノエルの「リアムの歌声はずば抜けていた」という言葉に皮肉交じりに反応

オアシスのアルバム『モーニング・グローリー』(原題:(What's the Story) Morning Glory?)がリリース25周年を迎えたことを記念して、ドキュメンタリー番組『Return To Rockfield』が10月2日(日本時間)に公開。同番組で、ノエル・ギャラガーが独占インタビューに応じている

一方、オアシスのフロントマンとして知られるリアム・ギャラガーは同番組に関わっておらず、そのことについてリアムがツイッターでコメント。「まったく悲しい存在だな、すべてが自分中心だなんて。心が痛むぜ」とノエルを批判した。

そんななか1人のファンが、同ドキュメンタリー番組でノエルが「リアムの歌声はずば抜けてた」と発言していたことについて触れ、「少なくとも彼は、あなたの声がずば抜けていることをわかっていますよ」とコメント。

するとリアムが、こう返信。

「俺の歌声がなかったら、あいつはいまだにクリント・ブーンのズボンにアイロンがけをしてるだろうよ」


リアムは、オアシス結成前にノエルがインスパイラル・カーペッツのローディーをしていたことに言及し、自分の歌声がなければ、ノエルはスターにすらなっていなかっただろうと皮肉交じりにコメントした。


なお、『Return To Rockfield』 は、10月1日午後7時BST(=日本時間10月2日午前3時)より、YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=Mg9JwZSG_vc)にて公開をスタートしている。



リアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』10月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


リアム・ギャラガー、兄ノエルの「リアムの歌声はずば抜けていた」という言葉に皮肉交じりに反応 - 『rockin'on』2020年10月号『rockin'on』2020年10月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする