リッチー・サンボラ、ボン・ジョヴィへ復帰する可能性を否定せず。「バンドに遺恨はない」

リッチー・サンボラ、ボン・ジョヴィへ復帰する可能性を否定せず。「バンドに遺恨はない」

ボン・ジョヴィのギタリストだったリッチー・サンボラがバンドにカムバックする可能性を否定せず、「バンドに遺恨はない」とコメントしていることが明らかとなった。

「Daily Mail」のインタビューを報じた「Blabbermouth」によると、「再びバンドへの参加を検討するつもりはありますか?」と質問され、リッチーが次のように答えていたという。

「戻るなら、自分にとって特別な状況じゃなくちゃいけないけど、その可能性を否定はしないよ。バンドに遺恨はないからさ」


また、今月上旬に「Rock Antenne」のインタビューでジョン・ボン・ジョヴィが「リッチーが一緒に人生を歩み、今でもバンドにいたらと望まない日はない」とコメントしながらも、リッチーの脱退がなければアルバム『This House Is Not For Sale』は生まれていなかっただろうと発言していたことにも、リッチーは言及していたとのこと。

「人に、俺が生活を立て直してないみたいに言われると、『冗談だろ?』って思ってしまう。俺は、周りでも一番ハッピーな男なのにさ」


続けてリッチーは、現在23歳になる娘Avaの世話をするために、2013年にバンドを脱退する決断を下したときの心境も語っている。

「間違いなく辛かったよ。別れは容易じゃないからね。俺は仕方がない状況にいたし、バンドとファンを去る決断を下すのは簡単じゃなかった。俺は家族のことで差し迫った状況にいて、難しい決断を下さなくちゃならなかったから、そうしたまでだ。でも、その決断に不満を感じていた人もいただろうね」


なお、2018年にボン・ジョヴィがロックの殿堂入りした際、リッチーと、1994年にバンドを脱退したアレック・ジョン・サッチ(B)がステージに上がり、“Livin' On A Prayer”をはじめとする4曲を演奏し、リユニオンが実現していた


『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


リッチー・サンボラ、ボン・ジョヴィへ復帰する可能性を否定せず。「バンドに遺恨はない」 - 『rockin'on』2020年11月号『rockin'on』2020年11月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする