秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート

  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート
  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート - 『映画 えんとつ町のプペル』 秋山黄色“夢の礫”劇中挿入歌ティザー映像 サムネイル

    『映画 えんとつ町のプペル』 秋山黄色“夢の礫”劇中挿入歌ティザー映像 サムネイル

  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート - (C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

    (C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート
  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート - 『映画 えんとつ町のプペル』 秋山黄色“夢の礫”劇中挿入歌ティザー映像 サムネイル
  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート - (C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
秋山黄色の新曲“夢の礫”が、12月25日(金)より全国公開の『映画 えんとつ町のプペル』の挿入歌に決定した。また、同曲が使用された劇中挿入歌ティザー映像も公開されている。


同映画は、60万部(2020年12月現在)の売り上げを記録した、西野亮廣(キングコング)の絵本『えんとつ町のプペル』をアニメーション映画化した作品で、いつも厚い煙に覆われた「えんとつ町」を舞台に、えんとつ掃除屋の少年・ルビッチとゴミ人間・プペルの物語が描かれている。本作は、STUDIO4℃がアニメーション制作を担当し、廣田裕介が監督を務めた。

なお、同曲は映画公開日と同じ12月25日(金)より配信が開始となる。


【秋山黄色 コメント】
秋山黄色です。映画『えんとつ町のプペル』挿入歌を担当させて頂きました。この作品に携われたこと、今このような形で曲を届けられること、本当にうれしいです。
僕は今「音楽家」としてお仕事をさせて頂いていますが、やはり少し笑われやすい夢でしたので悔しい思いをたくさんしました。このお話は、僕にとって全く他人事ではありません。
最初に信じたのは自分だけでした。
それでも楽しく打ち込んでいくにつれ、しだいに夢は醒め「目標」へと変わりました。
目が醒めて、本当の意味で夢を見ました。
バカにされるのはまだ痛くて悔しい。
きっと多くの人が「えんとつ町」を知っていますね。この映画が誰かを応援する、その力の一部になれますように。
心を込めて音にしました。よろしくお願いします。





  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート
  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート
  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート
  • 秋山黄色、新曲“夢の礫”が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に。12/25より配信スタート

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする