デイヴ・グロール、アクセル・ローズに“玉座”を貸したお返しにもらったプレゼントを明かす

デイヴ・グロール、アクセル・ローズに“玉座”を貸したお返しにもらったプレゼントを明かす

フー・ファイターズデイヴ・グロールが、過去に特注した“玉座”ことステージ用の椅子を、脚を骨折したガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズに貸し、そのお返しにプレゼントされたものを明かしている。

「Classic Rock」誌のインタビューを報じた「Louder Sound」によると、2017年にデイヴはガンズ・アンド・ローゼズのベーシスト、ダフ・マッケイガンから電話をもらったとのこと。

2015年にデイヴはスウェーデンでのライブ中に脚を骨折し、ステージで座ったまま演奏できるよう“玉座”を特注。そして、同じく脚を骨折したアクセルのために、ダフが“玉座”を貸して貰えないかとデイヴに連絡してきたのだという。

その当時を振り返ったデイヴは、「アクセルはガンズ・アンド・ローゼズのツアーで“玉座”を借りて、AC/DCのときも使った。つまり、唐突に俺は『ツアーで脚を骨折したときに頼れる男』になったわけだ。(トイザらスにかけて)Thrones R Usって感じだな」とコメント。

また、アクセルは“王座”を貸してもらったお返しに、ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト:スラッシュにデイヴへのプレゼントを選ばせたのだという。

「アクセルは、スラッシュに俺のギターを選ばせたんだ。それで、彼は60年代初期のギブソンES-335 Dotをチョイスしてくれた。それは今まで俺がプレイしたなかで最高のギターだ。信じられないほど思いやりがあって粋な振舞いだよね。マジで感謝してるよ」




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


デイヴ・グロール、アクセル・ローズに“玉座”を貸したお返しにもらったプレゼントを明かす - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする