ニルヴァーナ『ネヴァーマインド』30周年!——のちに伝説として刻まれる、バンドの凄まじい生態を捉えた決定的インタビュー!

ニルヴァーナ『ネヴァーマインド』30周年!——のちに伝説として刻まれる、バンドの凄まじい生態を捉えた決定的インタビュー! - ロッキング・オン3月号紙面ロッキング・オン3月号紙面

「99%のロックンロール・バンドとは、同じ仲間に入れられたくないね」(カート)


この記事は、1991年9月にアルバム『ネヴァーマインド』がリリースされて約1ヶ月後に出たものだ。

執筆者のエヴァレット・トゥルーは、翌年にレディング・フェスで、カート・コバーンが登場する時に乗った車椅子を押していた人物。バンドから信頼を得た記者の1人だが、ここでは、日増しにエスカレートする破壊的なふるまいへ批判的な視点を示したり、カートにとってタブーであるオリンピア・シーンとの関係について切り込んだりと、ジャーナリスト魂を発揮してみせている。

尊敬するソニック・ユースに誘われてメジャー契約を果たし、世紀の名作『ネヴァーマインド』をレコーディングしていたころが、おそらくニルヴァーナの短い歴史の中で最も幸福な季節だっただろう。

その直後の時期におけるバンドの様子を今、あらためて読んでみると、環境の変化が押し寄せつつある中、すでに彼らが違和感を表明し始めていたことがわかる。

この記事からは、劇的な事象が起こる前の初期段階での微妙な軋み、漠然とした不安と緊張感が伝わってくると思う。そしてニルヴァーナは、このあとたった2年半で崩壊してしまった。 (鈴木喜之)



ニルヴァーナのインタビューは、現在発売中の『ロッキング・オン』3月号に掲載中です。ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


ニルヴァーナ『ネヴァーマインド』30周年!——のちに伝説として刻まれる、バンドの凄まじい生態を捉えた決定的インタビュー! - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする