ジョン・レノン、“Cold Turkey”のギターをエリック・クラプトンではなくチープ・トリックのリック・ニールセンに弾いてほしかったと後悔

ジョン・レノン、“Cold Turkey”のギターをエリック・クラプトンではなくチープ・トリックのリック・ニールセンに弾いてほしかったと後悔

チープ・トリックのリック・ニールセンが、ジョン・レノンオノ・ヨーコによるプラスティック・オノ・バンドの曲“Cold Turkey”にまつわる裏話を披露した。

Classic Rock」によると、リックはチープ・トリックが1977年にリリースしたデビュー・アルバムでプロデューサーを務めたジャック・ダグラスに声を掛けられ、ジョン・レノンのアルバム『Double Fantasy』のレコーディングに参加。

1980年8月に行なわれたコレボレーションにはチープ・トリックのドラマーであるバン・E・カルロスも加わり、“I'm Losing You”でギターを弾いたリックの演奏に、大いにジョンが感銘を受けていたとリックが明かしている。

「僕がスタジオでギターを弾いてたら、ジョンがジャック・ダグラスを見ながら、『なんてことだ。リックが“Cold Turkey”で弾いてくれたらよかったのに』と言ってたよ」


最終的にリックが参加した“I'm Losing You”は『Double Fantasy』には収録されなかったが、1998年に発売されたボックスセット『John Lennon Anthology』のうちの1曲としてリリースされた。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ジョン・レノン、“Cold Turkey”のギターをエリック・クラプトンではなくチープ・トリックのリック・ニールセンに弾いてほしかったと後悔 - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする