ブライアン・メイ、亡き父の100回目の誕生日にメッセージ。親子で一緒に作ったギターについて語る動画も公開

ブライアン・メイ、亡き父の100回目の誕生日にメッセージ。親子で一緒に作ったギターについて語る動画も公開

クイーンブライアン・メイが、父親ハロルド・メイさんが迎えていたはずの100回目の誕生日を記念し、60年代に親子で一緒に制作したギター「Red Special」について語る動画を公開した。

Express」によると、そのビデオは1980年代後半に撮影されたそうで、動画にはギターの設計図が最初に映し出された後、親子が「Red Special」について説明。ブライアンが、ギターにはパールボタンが使われていることや、縁取りのスタイルなどについても語っており、ハロルドさんは「息子に言われなくても、(レコードで)聴いたらこのギターだとわかる」とコメントしている。


その動画に添えたメッセージで、ブライアンは亡き父親への想いを次のように綴っている。

「親愛なる父さん、お誕生日おめでとう。天国へ行ってから随分経つけど、もちろん、いつも僕の心にいるよ。そして今日、父さんは100歳になるはずだったね。このビデオの父さんは今の僕よりも若く見えるよ。

(中略)

このビデオだけでも、父さんの話し方をはっきりと思い出すには十分だ。もう存在していない世界からの声、父さんのボディ・ランゲージ、そして、僕たちが一緒に作ったギターに対する父さんの誇り。ギターが、父さんが望んでいた僕の未来を放棄してしまう結果に導いたんだけれど。父さんについて本を書くべきかもしれないな。だって、父さんからの贈り物はたくさんあって、永遠に続くものだから。ハッピー・バースデー、父さん。愛してるよ。ブライアン」


この投稿でブライアンは、大学で天体物理を学んだ後に父親が望む道へ進まず、ミュージシャンになったことに触れている。

なお昨年、ブライアンはハロルドさんの誕生日に、ついに父親が息子のロックスターのキャリアを受け入れたというマディソン・スクエア・ガーデンのコンサートで、両親と一緒に写った写真をInstagramに投稿していた。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ブライアン・メイ、亡き父の100回目の誕生日にメッセージ。親子で一緒に作ったギターについて語る動画も公開 - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする