ポール・マッカートニーやノエル・ギャラガーら150以上のアーティスト、ストリーミング・サービスの利益分配に関する法律改正を要求

ポール・マッカートニーやノエル・ギャラガーら150以上のアーティスト、ストリーミング・サービスの利益分配に関する法律改正を要求

ポール・マッカートニーノエル・ギャラガーをはじめとする150以上のアーティストが、ストリーミング・サービスの利益分配に関する法律改正を要求し、公開書簡に署名したことがわかった。

BBC」によると、ミュージシャンズ・ユニオンによってまとめられた公開書簡は、ボリス・ジョンソン英首相に宛てられている。

その書簡では、「ソングライターは、ラジオの収益の50%を得ているが、ストリーミングではわずか15%だ」と訴え、「音楽の価値をあるべき場所、音楽制作者へ戻す」ために法律の改正を求めているという。

また公開書簡には、「ストリーミング・サービスがテクノロジーの変化のペースに合っておらず、その結果として、パフォーマーやソングライターはラジオと同じような保証を受けられていない」と綴られているとのこと。

ラジオで曲が再生されると、著作料はレコード・レーベルとアーティスト/ソングライターの間で均等に分配され、一部はセッション・ミュージシャンやバッキング・パフォーマーに支払われる。しかし、ストリーミング・サービスではレーベルが大半の金額を受け取り、アーティストは平均して約13%を手にし、セッション・ミュージシャンは何も受け取れないと説明されている。

続けて公開書簡では、「変化が必要なのは、1988年の著作権、意匠および特許法におけるほんのわずかな部分だ。これにより、今日(こんにち)のパフォーマーは、ラジオで受けているような収入の分配を手にすることができる」と訴えている。

この公開書簡には、ポールとノエルの他にデーモン・アルバーンケイト・ブッシュらも署名しているとのこと。

ここ近年、デジタル・文化・メディア・スポーツ省の特別調査委員会が、SpotifyやApple Musicといった大手ストリーミング・サービスによって生み出された数十億ポンドの利益が、どのように分配されているか証拠を収集して調査している。

なお、ポール・ウェラーも、最新作『On Sunset』がSpotifyで300万回再生された分配額が、1万ポンド以下だったと苦言を呈していると「Metro」で報じられていた。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ポール・マッカートニーやノエル・ギャラガーら150以上のアーティスト、ストリーミング・サービスの利益分配に関する法律改正を要求 - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする